アンカル生みの親、スクウェア・エニックス

新感覚RPGゲームとして人気の「アンティーク カルネヴァーレ」を生み出したのは、大手ゲーム会社の「スクエア・エニックス」です。 “スクエニ”という略称で親しまれている企業であり、ゲーム好きの方であれば知らない人はいないといっていいほど知名度があります。 今回は、そんなスクエア・エニックスとはどのような会社なのか、改めて解説していきたいと思います。 ■スクエア・エニックスとは? スクエア・エニックスとは、日本を代表するゲームソフト販売・開発会社です。 2003年にゲームメーカーの「スクウェア」と「エニックス」が合併したことにより誕生しました。 スクエア・エニックスは2003年に誕生したゲーム会社ですが、元となった「スクウェア」は1986年設立、「エニックス」は1975年設立で、日本ゲーム業界の仲でも歴史のある企業です。 □スクエア・エニックスの社名の由来 旧エニックスの社名の由来は、世界初のスーパーコンピュータと言われていたアメリカの電子計算機「ENIAC(エニック)」と、永遠の時を生きるといわれている伝説の鳥「PHOENIX(フェニックス)」を合わせた造語。 旧スクウェアは、ゴルフでアドレスやグリップとして使われる「スクウェア」が由来。 この2つの社名が合併して、スクエア・エニックスという会社になりました。 ■スクウェア・エニックスの代表作 スクウェア・エニックスから販売されているゲームで代表作と言えば、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」があげられます。 ドラゴンクエストは、旧エニックスが1986年5月27日に発売したゲームで、2020年現在、全シリーズで累計出荷数・配信数が8,000万本を超える大人気ゲームです。 ファイナルファンタジーは、近年「ファイナルファンタジー7」のリメイク版が発売され、発売わずか3日間で350万本出荷を記録しました。 シリーズ作としては、累計出荷数1.1億本を超え、日本のみならず世界的人気ゲームとして知られています。 ■スクエア・エニックス誕生秘話 実は当時、旧エニックスは業績が非常に悪く倒産寸前でした。 それを救ったのが、最後の夢として販売した「ファイナルファンタジー」。 製作者の中でも、“この作品が売れなかったらスクエアは終わりだ”と、ファイナルファンタジーが最後の作品になるであろうということでこの名称が名づけられました。(ファイナルファンタジー=最後の夢)

アンカル、魅力的なキャラ勢揃い!!

RPGゲーム「アンティーク カルネヴァーレ」は、“人形”をモチーフ・キーとしたファンタジーゲームであり、魅力的なキャラクターたちが登場します。 そんなキャラクターたちの豪華声優陣による演技もゲームの注目ポイントのひとつです。 今回は、アンカルのキャラクターの特徴や情報を解説していきます。 ■守護獣カーバンクルの化身「アメリア」 太古の昔、癒しの守護獣カーバンクルから分かたれた者。 普段はアヴァロン・カンパニー社長の専属メイドとして働いており、社長命令によって次世代のマスターを探しています。 表情豊かで可愛らしい女の子だが、過去の記憶を失っています。 声優を務めるのは、「ご注文はうさぎですか?」の保登心愛役や「僕のヒーローアカデミア」の麗日お茶子役で有名な佐倉綾音さんです。 ■守護獣ワイバーンの化身「ベルンハルト」 太古の昔、空の守護獣ワイバーンから分かたれた者。 普段は騎士隊長として街の警護を行いながら、社長命令で次世代のマスターを探しています。 正義感が強い性格をしていますが、自分自身を信用できない部分があります。 声優を務めるのは、「鬼滅の刃」の竈門炭治郎役や「東京喰種」の金木研役などで有名な花江夏樹さんです。 ■守護獣イフリートの化身「エレナ」 太古の昔、炎の守護獣イフリートから分かたれた者。 普段は召喚士として火の民を率いています。 獣の姿に似ているのは、自らが火の民を知るためなのだとか。 熱い心の持ち主ですが、自身が皆を傷付けてしまうのではないかと心配をしています。 声優を務めるのは、「魔法少女リリカルなのは」の高町なのは役や「ひぐらしのなく頃に」の古手梨花役などで有名な田村ゆかりさんです。 ■守護獣フェンリルの化身「トーマス」 太古の昔、氷の守護獣フェンリルから分かたれた者。 普段は氷の神殿から遠く離れた村に住みながら、召喚士として氷の民を率いています。 少年のような見た目をしており氷の民からの人気も高いのですが、自身が皆を縛り付けてしまうのではないかと心配しています。 声優を務めるのは、「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役や「七つの大罪」のメリオダス役で有名な梶裕貴さんです。 ■守護獣シルフィードの化身「メイ」 太古の昔、森の守護獣シルフィードから分かたれた者。 普段は召喚士として風の民を率いています。 大きなドレスを着たお姫様のような姿をしているのが特徴で、風の民からの人気も高いです。 素直な性格をしていますが、自身がいつか消えてなくなってしまうのかもしれないと心配しています。 声優を務めるのは、「HUGっと!プリキュア」の輝木ほまれ役や「りゅうおうのおしごと!」のシャルロット・イゾアール役などで有名な小倉唯さんです。 豪華声優陣が務める魅力的なキャラクターたちにこれからも目が離せません。

アンカルサービス終了。なぜ。。。

スクエニが発表したRPGゲーム「アンティーク カルネヴァーレ」が、2018年4月をもってサービス終了となりました。 そこそこ人気があっただけに悲しむユーザーの声も多かったようですが、なぜアンカルはサービスを終了してしまったのでしょうか? ■アンカルの配信終了。。。スクエニが“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”にて配信を行っていたRPGゲーム「アンティーク カルネヴァーレ」が、2018年4月26日を持ってサービスを終了しました。 2017年7月18日に配信が開始されてから1年もたたずのサービス終了となり、悲しむユーザーも多くいたようです。 チェスや将棋などのボードゲームの要素と王道RPGコマンドバトル要素を取り入れた最新のゲームで、幅広いユーザーが直感的にゲームを楽しめることから人気がありましたが、なぜサービス終了となってしまったのでしょうか? ■アンカルがサービス終了した理由として考えられる要素□話題性がなくなった当初は、新しいプラットフォームの誕生・大手ゲーム会社スクエニの完全最新ゲームということもあり、話題性がかなりありました。 カメラ機能を利用してゲームのライブ配信を行いながらオンライン対戦が可能な機能など、新しい要素にも挑戦していたのですが、これ以降はあまり話題に上がらなくなってしまったことが、サービス終了に至った原因なのではないかと考えられます。 □ユーザー数が伸びなかった思ったよりユーザー数が伸びなくなってしまったというのも、サービス終了に至った原因なのではないでしょうか。 アンカルの公式Twitterなども、フォロワーが2600人弱と、スクエニのゲームにしては少ないように見受けられます。 □収益性を生み出せなかった公式からはサービス終了に至った理由などはとくに発表されていませんが、ゲームを運営していくためには、それなりの収益が必要になります。 ユーザー数がなかなか伸びず、今後継続していく収益性が生み出せなかったというのも理由として考えられるでしょう。 ■サービス終了を受けたユーザーの声サービス終了を悲しむ声がある一方で、「ゲームシステムが良くなかった」「プラットフォームが微妙だった」という声が多かったのも事実です。 サービス終了に対して実際にプレイをしていたユーザーからも納得の声が多かったということは、やはり運営をしていくこと自体が厳しかったのかもしれません。 ただ、イラストはかなり人気があり、サービス終了を惜しむ声も若干あったようです。

アンティーク カルネヴァーレどんなゲーム?

スクエニから配信されているRPGゲーム「アンティークカルネヴァーレ」。 プラットフォーム対応のゲームですが、どのようなゲームなのでしょうか? ゲームの特徴や進め方について簡単に解説していきます。 ■アンカルの世界が始まった理由太古の昔、神々が「デュエル」と呼ばれる戦いを作り出し、そのコマとして人間を生み出しました。 デュエルが行われていく中で、そんなコマたちに意思が芽生え、いつしかヒトとして覚醒し、今まで遊びとして自身たちを利用してきた神々をデュエルによって追放します。 それが伝説となり、現在の世界でもデュエルとして名誉や権力をかけた勝負が行われているのです。 そんな世界の中でプレイヤーは召喚獣やキャラクターのマスターとしての生活を始めます。 ■物語を体感しながらプレイするタクティカルボードRPGアンカルのファンタジックな世界観や物語を体感しながらストーリーパートを進めていき、さまざまな相手とデュエルをしていきます。 ゲームのプレイ方法はボード画面とバトルパートに分かれており、ボード画面ではチェスや将棋のようなイメージで1ターンに1コマ移動することが可能。 コマ同士のバトルでは、MPを使って敵を攻撃し、勝つことで相手のコマを取る(除外)することができます。 □属性による有利不利アンカルには属性要素も用意されており、HPバーが属性の色になっているのが特徴。 水は火に強く、火は風に強く、風は水に強くなっています。 □コマンド式バトルコマが相手へ攻撃を仕掛けると、ボード画面がバトルパートに切り替わり、3体のキャラクターを動かしながら通常攻撃やスキルコマンドを使って戦います。 各条件を満たすことで「神技」や「召喚獣」などを発動することもでき、アクション性の高いバトルを繰り広げていきます。 □ボードゲーム要素自分のコマを動かしていくことにより、自陣とMPを増やしていくことで使えるスキルが増えていきます。 自陣の色のマスで相手のマスを挟むことで自陣の色に変えることができるなど、攻略的な要素もありいろいろな楽しみ方でゲームを進めていくことができます。 こういったボードゲーム要素もアンカルの魅力的な要素のひとつです。 ■リアルタイムの対戦モードにも注目!アンカルには、他プレイヤーとリアルタイムで対戦できるモードも用意されています。 チャット機能などの交流要素も盛り込まれ、コミュニケーションを楽しみながらゲームのプレイが可能です。

Yahoo!ゲーム ゲームプラスとは。

スクエニが配信する「アンティーク カルネヴァーレ」は、“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”で公開されているゲームです。 “Yahoo!ゲーム ゲームプラス”とは、どんなサービスなのでしょうか? ■Yahoo!ゲーム ゲームプラスとは? “Yahoo!ゲーム ゲームプラス”とは、Yahoo!が新しく発表したゲームプラットフォームで、ウェブブラウザ上でダウンロード不要のゲームを楽しめるサービスです。 従来までスマホアプリで遊んでいたようなゲームを、ブラウザゲームとして手軽にプレイできるようにするというコンセプトで発表されました。 パソコン、スマートフォン、タブレットなどの機械とインターネットに接続できる環境さえあれば、ゲーム機本体がなくても、ウェブブラウザ上のみでさまざまなゲームを楽しむことができます。 ウェブブラウザ上でプレイできるため、アプリやゲームのダウンロード・インストールの必要もありません。 AppStoreやGooglePlayに続く新たなプラットフォームとしても注目度が高くなっています。 ■Yahoo!ゲーム ゲームプラスの特徴 Yahoo!ゲーム ゲームプラスには、現代ゲーム機のようなタイトルがプレイできる「クラウドゲーム」と、アプリゲームのような表現力のある「HTML5ゲーム」の2種類があります。 クラウドゲームは全てのプログラム処理をサーバー側で行い、映像と音声をデバイスに送信するゲームサービスとなっており、HTML5ゲームはソーシャルゲームやアプリゲームのようなクオリティのゲームをウェブブラウザ上でプレイすることができるサービスとなっています。 プレイ料金に関しては、基本プレイ無料モデルと有料モデルの2種類があり、Yahoo!ウォレット決済や月額プランなどが用意されています。 なお、Yahoo!ゲーム ゲームプラスは、以下のブラウザーで楽しむことができます。 【Windowsパソコン】 ・Google Chrome最新版 ・Mozilla FireFox最新版 ・Internet Explorer 11 【Machintoshパソコン、iPhone/iPad】 ・Safari 【Android】 ・Google Chrome ■ゲーム提供元は大手ゲーム会社 Yahoo!ゲーム ゲームプラスにてゲームの提供を行うのは次のような大手ゲーム会社を含む52社で、期待の声が高まっています。 ・コーエーテクモゲームス ・スクウェア・エニックス ・レベルファイブ ・KADOKAWA […]

ブラウザゲームのアンカル。 そもそもブラウザゲームって?

タクティカルボードバトルとしてスクエニから配信されている「アンティーク カルネヴァーレ」は、“Yahoo!ゲーム ゲームプラス” 対応のブラウザゲームとなっています。 今回は、ブラウザゲームとは何なのかについて解説していきます。 ■ブラウザゲームとは? ブラウザゲームとは、文字通り、ウェブブラウザで遊べるゲームのことです。 ゲームと言えば、PS4や任天堂switch、スマートフォンなど、プレイするためのゲーム機が必要になるというイメージがあるかもしれませんが、ブラウザゲームは、ウェブブラウザとインターネット環境があればゲームのインストールは不要で、誰でも手軽にプレイすることができます。 手軽に遊べる一方で、家庭用ゲームやアーケードゲームなどに比べると、少々チープなゲームが多いのが特徴です。 個人でゲームを作りウェブサイトに掲載しているケースや、企業が運営しているケースもあり、アンカルは大手ゲーム会社のスクエアエニックスが運営をしています。 ■ブラウザゲームはパソコン以外でもプレイできる? ブラウザゲームは、インターネットに接続できる環境があれば、ソフトをダウンロードせずに遊べます。 パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなど、ウェブブラウザを開ける環境であれば気軽にプレイすることができるので便利です。 ただし、プラグインがインストールされていない場合、該当するプラグインのダウンロードが必要になる場合もあります。 ■ブラウザゲームとオンラインゲームの違いは? ブラウザゲーム=オンラインゲームだと表現されることがありますが、この2つには違いがあります。 ブラウザゲームはソフトのダウンロードは行わずブラウザで遊ぶことができますが、オンラインゲームはソフトをダウンロードし、断続的にサーバーとデータの通信を行うゲームです。 他にも、次のような細かい違いがあります。 【ブラウザゲームの特徴】 ・課金システムがないゲームが多い(一部課金要素のあるゲームもある) ・他ユーザーとのコミュニケーション要素が薄い ・低スペックパソコンでもプレイしやすい 【オンラインゲームの特徴】 ・課金システムのあるゲームが多い ・他ユーザーとのコミュニケーションシステムが搭載されたゲームが多い ・高スペック推奨のゲームが多い ■アンカルはYahoo!IDの登録でゲームプレイが可能! アンカルは、“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”で公開されているゲームで、Yahoo!IDさえ登録をすればゲームのプレイが可能です。 気になる方は、ぜひ気軽にプレイしてみましょう。